読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずきちゃんねる(最年少YouTuber) - 新米パパのイクメン(育児)日誌

かずきちゃんねる。自称最年少YouTuber!沖縄での育児!新米パパ・ママ日誌です

人気ブログランキングへの投票&応援よろしくお願い致します。 にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

育児ブログでどこまで公開するのか?

昨日の記事についたコメントから…実は自分も記事を書きながら悩むところです。

完全に明確に分けてるわけではないですが、以下のポイントに注意してます。

ゆる過ぎるかもしれないけど、二人だけの出産になり兼ねないと思った時、他の方々の体験記がすごく参考になったので、お礼も兼ねて。またこれから出産で同じように悩まれる方々への助けに自分自身もなれればいいかと思い、記録として残していくようにしています。

  • プライベート過ぎる事は書かない>記録として残すプライベートな要素はEvernoteに集約
  • 個人情報は書かない(自分の子供も他人も)
  • 固有名詞もできる限り避ける
  • 他人の写真は載せない
  • 子供の写真も裸は載せない、顔写真も新生児の間ぐらい(目鼻立ちがしっかりしたら正面からの写真は載せない)

でも…離れて暮らす家族にも見せてあげたいって事で

  • Facebookはしてない
  • 高齢者だから「ブログ見て」が限度
  • flickrも見てもらえなかった

で、ベストな形を試行錯誤です

ブログには暗いこと書かないように頑張ってきましたが、実際には「二人だけで沖縄で産まなきゃいけないのか?」という「初めての出産なのに誰にも相談できない」という不安のほうが物凄かったです。

旦那の妊婦体験の時、他の体験者たちは気が付かなかったようだけどちらっと見えてしまった書類に「死産」と言う文字を見つけてしまった時の恐怖…その翌日に「風習も違う沖縄で産むこと」への不安が自分の中でも爆発しそうになって思いっきり空元気で「妊婦体験してきたよ〜〜ヘラヘラ」ってしてました。

嫁さんを不安がらせないためにも、「楽しみ楽しみ♪」「大きくなったらここにもあそこにも遊びに連れていこう」って話題ばかりにしてたけど、毎晩のように夜中みんなが寝てからiPhoneiPadで見る先人たちのブログにすごく助けられていたのでした。

感謝ですよ(^^v

しかし、「写真載せて子供がいじめにあったら」というような投稿も見たことがあるけど、そんな社会になることのほうが嫌っすね。

「いじめられるかもしれないから写真は載せない方がいい」とかには、そういう思いが出てくることに対して嫌な感じがします。嬉しことを喜んでいる事がいじめに繋がるような未来にはしたくないですね。

これだけは守りたい個人情報保護

これだけは守りたい個人情報保護

個人情報ダダ漏れです! (光文社新書)

個人情報ダダ漏れです! (光文社新書)

ソーシャルメディア時代の個人情報保護Q&A

ソーシャルメディア時代の個人情報保護Q&A

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...